さまざまな種類があるほくろの除去治療【特徴を徹底リサーチ】

医師と施術の合わせ技

看護師

経過から把握してみよう

治療工程において、確実な安全を確保しながら施術を進めていく必要があります。そこでほくろ治療では事前に行うカウンセリングにおいて、病理組織検査を行うようにして安全な治療行為ができるようにしています。病理組織検査を含めたいくつかの治療行為では、保険診療内で行える物がいくつも存在し、病組織検査も5千円と低価格に設定されています。病理組織検査によって分かるほくろの状態によって選択できる施術も違い、費用を抑える方法を希望するならば、医師が液体窒素の使用を検討する事もあります。液体窒素の使用は病理組織検査と同じく保険診療内で行える施術のため、1回の治療行為で1千円程度の低価格になっています。液体窒素療法の良い点は、皮膚の再生速度の速い若年層の受診になれば、お子さんへの施術も可能な優しい治療として知られています。そのため治療後のアフターケアの費用が負担になる事例が極端に少なく、経済的にも優しい治療行為になっています。ただし病理組織検査でほくろが皮膚の深い所まで根付いている場合は、レーザー機器の使用を医師が決断する事例が多くあります。最近ではほくろに対してエルビウムレーザーを使用する事例が多く、この方法のメリットは無痛療法として広く認知されている点です。無痛療法であるため、局所麻酔の費用を負担する事なくレーザー照射費用一回当たり4千円前後で、ほくろを除去できるようになっています。また皮膚への干渉強度も極端に低いため、綺麗な施術結果を望む美容志向の施術として多くの方が医師に相談を持ち掛けています。そしてエルビウムレーザーと同等の人気を保持しているのが、フラクショナルレーザーによる施術です。炭酸ガスを使用したレーザーの一種で少しずつ施術を行っていくため、ほくろ除去後の皮膚の凹みをある程度軽減できるメリットがあります。費用はエルビウムレーザーと同等程度なので、患部に合わせて医師の判断が介入するように診察を受けてください。敏感肌の方はスキャナー付きのフラクショナルレーザーの使用も可能で、安全を確かめつつ少しずつ施術工程を進められます。よって肌に他の問題があれば、それらを解決しながらほくろに対して施術が可能です。フラクショナルレーザーで総合的な治療行為を選択しても、費用は3万円前後と安価に落ち着く事例が多いので、医師への相談が非常にお勧めです。液体窒素療法以外は施術後に美容クリームを医師の手で処方してもらう事例が多く、費用が別途2千円前後掛かります。なので施術方法と費用を医師に相談し、患部に有効な施術を選択していけるようにしてください。

Go to Top